この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

医療介護ヘルスケアITの時価総額(2016年10月版): 医療ビッグデータで世界を変えるか「ナントヘルス」カバー開始

10月になってしまいました。早いもので今年もあと1/4そして、気づいたらこちらに住んでもうすぐ1年になります
良くも悪くも人生について考えてばかりの日々送ってます。引き続き、よりよく生きるためにストラグルし続けていきます。

日経平均の推移は、
2016.1.4:19,033円
2016.2.1:17,890円
2016.3.1:16,085円
2016.4.1:16,164円
2016.5.1:16,666円
2016.6.1:16,955円
2016.7.1:15,682円
2016.8.1:16,635円
2016.9.1:16,926円
2016.10.1:16,449円

9月→10月騰落率:99%

さて、それでは個別銘柄見てみましょう。

医師向けサイト4社:メドピアがクックパッド子会社を買収

銘柄 2016年9月 2016年10月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
エムスリー[2413] 9,824 11,136 77.8 +1,312 113%
ケアネット[2150] 37 38 23.8 +1 103%
メドピア[6095] 36 39 331.1 +3 108%
MRT[6034] 87 97 84.4 +10 111%

メドピアはクックパッドの子会社「クックパッドダイエットラボ」を2.3億円で買収しています。
株式会社クックパッドダイエットラボの株式取得(子会社化)に関するお知らせ
※外部サイトへリンクします

管理栄養士ネットワークを15,000人持つとのことですが、メドピアの進めていく遠隔診療とどう連携していくのか、正直まだちょっとイメージまだついていないですが、楽しみにしたいものです。
なお「クックパッドダイエットラボ」の売上は1.75億円、0.7億円程度の赤字となっています。

しかしクックパッド売却の勢いがすごいですね。昨日も京急百貨店に子会社のECを売却とリリースがありましたが、ある意味有言実行感がすごいです、佐野さん

BtoBサービス4社:アトラ好調

銘柄 2016年9月 2016年10月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
メディカルシステムネットワーク[4350] 136 141 11.5 +5 104%
EMシステムズ[4820] 257 277 16.1 +20 108%
NDソフトウェア[3794] 153 149 20.6 -4 97%
アトラ[6029] 84 98 32.5 +14 117%

ここは特に大きな新しい動きはなかったようですが、アトラが復活して好調な動きを見せています。
先月下がったところで、買えたのでよかったよかった^^

またNDソフトウェアの主力製品、介護施設向け保険請求システムの市場状況がわかりやすいまとめを、Gree Venturesの根岸奈津美氏がnoteでアップされているので要チェックです。
https://note.mu/natsuminegishi/n/ncefbbc4406cc

次はアメリカのヘルスケアIT、ヘルステックについてまとめてください!w まだまだ情報が少なすぎて・・・

BtoCサービス6社:ネクストが新築分譲サイトのリニューアル

銘柄 2016年9月 2016年10月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
ネクスト[2120] 856 977 27.2 -303 74%
エムティーアイ[9438] 377 375 11.5 -2 99%

 日本メディカルネットコミュニケーションズ[3645]

23 24 35.1 +1 104%
じげん[3679] 608 599 52.1 -9 99%
グリー[3632] 1,272 1,364 13.2 +92 107%
DeNA[2432] 4,675 5,512 24.1 +837 118%

ネクストは、最新決算で唯一昨対割れしていた新築分譲領域のサイトリニューアルをリリース発表してますね。
新築分譲マンション物件ページを全面リニューアル
※外部サイトへリンクします

ネクストのサイト設計施策は大概イケてて勉強になるので、ウェブマーケやる人はウォッチしておくとよいかもしれません。
ざくっというと下記図のように、物件詳細ページにおける、分散していたページを1つにしています。

ホームズ新築分譲サイトリニューアル

これにより、ユーザがいちいちページ遷移をしなくてよくなりユーザビリティの向上に繋がるということですが、
当然SEOランキングの向上も狙っているでしょう。

もともと分けられていたページを1つにまとめたということは、不動産(特に新築分譲領域では)、検索クエリが「物件名+間取り」「物件名+設備」といった複合ワードになりにくいのではないでしょうか。
勿論多いクエリは「エリア名×○○」といったキーワードでしょうが、「物件名」一本で調べに来るのが多いと推定されます。その「物件名」一本クエリで良い表示順位しっかり取りに行くことが狙いの一つだと考えられます。

複合キーワードは、よりニーズが明確化しているときに、早くその情報に辿り着きたいときに発生しやすいのですが、
家買うようなときは、もう何でもいいからその家に関する情報ほしいということかもしれません。また「物件名」というクエリだと、そもそも情報量も多いので、すべて調べきってしまうのでしょう。
僕も家買うときは、リスク回避のため、ひたすら物件名単体で深いページまで悪評探ししまくってた気がします。w

一方で、医薬品の領域では逆にニーズが明確化していて、「薬名+Side Effects」「薬名+Dosage」といったクエリが一定割合を占めるので、そういった複合ワードを確実にとれることが重要です。そのためのリニューアルを先日我々もしかけましたが、このあたりは業界特性によっても考える必要があります。

上記の「エリア名×○○(賃貸、新築)」でいうところの「病名+薬」といったキーワードは今後対策もしていきたいと思います。
パッと見たところ、国内外問わず、Verticalな病気特化型サイト以外非常に強いサイトがない状態に見えますので、まだブルーオーシャンかもしれません。

その他、グリーは大幅増益の修正を出しています。そして、DeNAはどこまでいくのでしょうか・・・この数か月で株価2倍になっています。早く売りすぎたなー、ということでこちらも恩恵受けられず・・・。

医療データ3社:データホライゾンがバイタルケーエスケー・ホールディングスと業務提携

銘柄 2016年9月 2016年10月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
データホライゾン[3628] 39 45 45.1 +6 115%
メディカル・データ・ビジョン[3902] 246 283 162.6 +37 115%
バリューHR[6078] 53 56 27.1 +3 106%

データホライゾンは、医薬品卸国内5位のバイタルケーエスケー・ホールディングスと業務提携を発表し、株価が反応しています。
株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングスとの業務提携に関するお知らせ
※外部サイトへリンクします

データホライゾンが広島県呉市との取り組みで一定の成功を収めたデータヘルス事業の横展開の強化が目的のようです。

バイタルケーエスケー・ホールディングスは東北での立ち位置が強く、そのネットワークを生かした東北へのデータヘルス事業の受注を狙います。
メディカル・データ・ビジョンの例もありますし、ガツッと上がる可能性はありますね。

先日もMTI社とメディパル社のニュースもありましたが、かつては裏の番長感が強く、あまり表に出てこなかった医薬品卸企業が、最近提携などの話題に上がることが多い気がします。

海外医療ヘルスケアIT5社:ナントヘルスをカバー開始

銘柄 2016年9月 2016年10月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
WebMD[WBMD] 2,324 2,027 29.7 -297 87%
Everyday Health[EVDY] 264 253 -11 96%
Teladoc[TDOC] 675 823 +148 122%
athenahealth[ATHN] 4,922 4,839 341.6 -83 98%
NantHealth[NH] 1,584 1,594 +10 101%

※時価総額の単位は百万ドル

今月から、ナントヘルス(NantHealth)をカバー開始していきます。

いわゆる医療×ビッグデータという文脈で語られることの多い会社ですが、対象疾患を持つ患者のゲノムデータや診療データから、最適な診断方法や制度の高い医薬品を提供する継続学習するシステム「CLINICS」という事業を行っているとのことですが、ただ、うーん、具体的にどう実現しているかは正直僕にもどうやっているのかわかりません。

ただ先日書いたような「医療×AI」に最も近い立ち位置にいるのではないかという意味で、先日ご紹介したアテナヘルスと並び、いま一番気になっている企業のひとつです。
もう少し深堀りしていくぞ、という意思も込めて今月よりカバー開始しています。

同社はバイオファーマスタートアップ2社を売却し、アメリカで大富豪ランキング常連入りした(医療部門ではアメリカ1位!)外科医パトリック・スン・シオン氏(Dr.Patrick Soon-Shiong)がファウンダーを務める、2010年に誕生した会社で今年NASDAQ市場に上場しています。

ドクターの免許持ってて、頭良くて、金持ってて、イケてる企業の社長で、しかもイケメンという、この世の不公平さをその身で体現するような男です。

(↓このスーツ肩にかけちゃうイケメンポーズ流行らせたい)
nanthealth%e7%b5%8c%e5%96%b6%e9%99%a3

そのパトリック・スン・シオン氏を筆頭に、経営陣は超豪華です。

たとえば、CFOにMr.Paul A. Holt(病院向け情報サービス企業、クオリティ・システムズ/Quality Systems, Inc. [NASDAQ]の元CFO)、President兼Chief Growth OfficerにMr.Robert E. Watson(病院向け経営分析ITシステムを提供するストリームライン・ヘルス・ソリューション/Streamline Health Solutions, Inc. [NASDAQ]の元CEO)、さらに同PresidentにGary Palmer, M.D.(ゲノム情報に基づき、患者に応じたガンの適切な診断と医薬品を提案するサービスを行うファンデーション・メディシン/Foundation Medicine, Inc. [NASDAQ]の元Vice President兼医療情報責任者

と、金に物を言わせてなのか、ビジョンでひきつけたのかはわかりませんが、アメリカ医療ヘルスケアテック系企業の経営陣をえぐいくらい引き抜きまくり、最強の布陣を敷いています。しかし、一回ヘルスケアIT業界に入った人はその領域でやり続けることが多いですね。

とにかく、ナントヘルスの今後何をやってくれるのかを楽しみにしていきたいと思います。
なお、先日発表している最新決算で、現在の売り上げ(2四半期合計、6か月間)は$50.9 Millionとなっており、昨年度の$23.5 Millionより2倍以上の成長を遂げています。また赤字額は$87.2millionとなっています。

その他は、WebMDがだいぶ安くなってきた気がしています。業績としては決して悪くはないので、ついに買い時か・・・。

さて、以上で、今月の定点観測はおしまいとさせていただきます。


最後に、恒例の

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の成績】

どーん。TOPIXが前月比99%だったのに対し、僕の成績は前月比104%となっています。

前回のお勧め銘柄にも入れており、昨月の落ちたところで買い増しておいたアトラ、ネクストをはじめ、ヘルスケア以外ではPR TIMES、JACリクルートメントあたりがガツっとあげてくれたので、そのままプラスになってきています。

特にリリースなどで動いているわけではなさそうなので、一旦様子見て売りつつ、また下がったところをしっかり仕込んでいければと思います。
ただもうちょっと銘柄絞って集中投資したいな・・・欲張りは良くない!

また前回迷ってたクラウドワークスは買値を超えたところから徐々に全株売却しました。損切りしようとも思いましたが、長期的には必ず上がるよね、というところでこらえてよかったです。

なお、最新成績で、年初来97%前後まで戻すことができました。TOPIXが87%になっていることを考えるとだいぶ善戦しているのではないでしょうか。(負けてるけどw)
さあ、残り3か月でプラスに持っていきたいものですね~。

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の買い!銘柄】

ちょっと今月はヘルスケア銘柄は様子見かな・・・

個人的に嬉しかったのは、SBIの確定拠出年金で「ひふみ投信」が開始されること!
http://www.rheos.jp/news/PR20160923.pdf

確定拠出年金、積み立ててはいたものの、ずっとめぼしい投資信託がなくて、ここ数年は貯金型にしてたうえw、シンガポール住んでいたら節税効果もないので、正直持て余していたのですが、早速切り替えます。

ひふみの藤野英人さんのこの本読んで感銘を受けたのがきっかけで投資をはじめたので!(そういえば、丁度リクルート卒業を決めて少し時間があったときだ)

ではまた来月!

過去の定点観測はこちらよりどうぞ
前月(2016年9月版)の時価総額定点観測はこちら。
2016年8月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年7月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年6月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年5月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年4月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年3月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年2月版の時価総額定点観測はこちら。ウォッチしている各社の詳しい説明も載せています

■こちらもどうぞ
そもそも田中大地って誰?筆者の経歴とプロフィールはこちら
ジョブホッパーはアジアへ出よう。アジアの人材市場と転職マーケット
1日120万人が訪問する医薬品サイトDrugs.comを通して考える情報インフラの競争優位

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です