この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

投資家必見!医療介護ヘルスケアIT上場企業の時価総額推移(2016年3月版)

医療介護ヘルスケアIT上場企業の時価総額を毎月定点観測していきます

さて今月も無事できました定点観測。2回目が続いた!さあ2回目から手を抜くぞー!

しっかししんどい地合いですね。こういうときほど仕込め!という気持ちもありつつ、中長期見えないし、ようわからんすわという状態で戦意喪失気味になってます。

なお日経平均の推移は、
2016.1.4:19,033円
2016.2.1:17,890円
2016.3.1:16,085円
2月→3月騰落率:90%

です。

15,000円を割り込んだ最悪期よりは回復してますが、それでも前月比でかなり落ちてますね・・・。

そして早速ですがウォッチ銘柄の入れ替えをしました。やっぱりテクマトリックスとインフォコムは事業内容に興味も持てないし、そうなると自身の投資対象にもなりえないなと思い抜きました。

かわりに、海外で医療・ヘルスケアメディアをやっている所から、WebMDグループとEveryday Healthグループを加えました

なお前月(2015年2月版)の時価総額定点観測はこちら。各社の詳しい説明も載せています

医師向けサイト3社:エムスリーが時価総額1兆円目前に

銘柄 2016年2月 2016年3月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
エムスリー[2413] 9,226 8,702 72.4 -524 94%
ケアネット[2150] 38 31 20.6 -7 82%
メドピア[6095] 38 33 111.4 -5 87%

まずは、医師向けサイトを運営する3社からいってみます。どこも今月はしんどそうですね。エムスリーも下がったと言え、PER70倍じゃ触手は伸びないですね・・・。ケアネットとメドピアはなかなか下げ止まりません。

BtoBサービス4社:EMシステムズが好決算+分割

銘柄 2016年2月 2016年3月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
メディカルシステムネットワーク[4350] 160 135 9.0 -25 84%
イーエムシステムズ[4820] 222 222 13.8 -6 100%
エヌ・デーソフトウェア[3794] 182 155 25.6 -27 85%
アトラ[6029] 90 77 24.9 -13 86%

主に調剤薬局や、介護施設向けにBtoBサービスを展開している企業群です。

調剤薬局向けのレセコンでシェア3割を持つEMシステムズが第三四半期累計の純利益前年比120%増の好決算+4月より1:2の株式分割を発表しており、地合いが悪い中前月対比100%を維持しています。

いつまでも人気が出ないので、これで少しは流動性が上がるといいのですが・・・しかしシェア3割を持っていると、もう成長余地もそこまでなさそうな所が気になりますね。調剤薬局ネットワークを活かした新規事業も花が咲くと良いのですが。

ただレセコンのような比較的代替ハードルが高いものであれば、急激な落ちも少ないし、PERも低めなので、想定外の急落はない気がしています。あまり期待はせずに低くなってきたところを拾っておいてもいいかもしれません。

BtoCサービス6社:ネクストが好決算も前月比大幅ダウン。

銘柄 2016年2月 2016年3月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
ネクスト[2120] 1,573 1,189 41.7 -384 76%
エムティーアイ[9438] 432 459 16.9 +27 106%

 日本メディカルネットコミュニケーションズ[3645]

24 22 90.8 -2 92%
じげん[3679] 317 337 39.3 +20 106%
グリー[3632] 1,299 1,284 16.0 -15 99%
DeNA[2432] 2,681 2,485 21.0 -196 93%

ネクストは売上、EBITDA前年比+50%の好決算も時価総額をなんと前月比-24%と大きく落としています。それでもまだPERは40倍超え。ちょっと期待が大きすぎたかもしれませんね。

個人的にはネクストは事業の考え方も、内製でやりきるWebマーケティングへの意識も領域は違えど、うちの会社に似ている所を感じていて、すごく好きなんですよね。決算資料の不動産業界の曼荼羅図とか、そっくりです(笑)

また、不動産の領域で多数の新規事業・海外展開や、買収を加速させています。先日ご紹介した、介護施設の一括管理システムKINDを運営するLifull Marketing Partnersもその一つですね。不動産版Indeedだと勝手に思っている、Trovitにも大きく期待したいものです。

既存事業や既存クライアントと相性の良い事業を買収し、クライアントへの提供や得意のWebマーケティングで伸ばしていくという戦略は間違いないと思います。PERだけが気になりますが、積極的に応援していきたいものです。

じげんも好決算で地合いの悪さを乗り越える成長をしています。決算資料の「業績は予算過達ペース。」の文字がいいですね。

懸念としては、事業が求人関連メディアに偏重していることで、景気変動が一番のリスクでしょう。現在の株価下落も含め一寸先が読めない状態かと思いますので、ガツンと落ちなければよいのですが。

僕はリクルートに新卒入社した1年目がリーマンショックの年で、そのときの求人事業の吹っ飛び方を横目で見ているので、そこはしっかり意識しておきたいものです

海外メディア2社:WebMDが過去最高益で好調。

銘柄 2015年2月 2016年3月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
WebMD[WBMD] 1,900 2,099 50.5 +199 110%
Everyday Health[EVDY] 151 155 25.2 +4 103%

※時価総額の単位は百万ドル

さて、新規でウォッチし始める海外メディア2社を見てみましょう。

まず医療従事者向けメディアの雄、WebMDグループから見てみましょう。先日発表した2015年通期の決算は非常に素晴らしく、過去最高益を達成しています。3年程前まで赤字やレイオフなど、苦しい時期が続いたWebMDですが、好調を取り戻したようです。

通期売上は$636.4 million(昨年は$580.4 million、と約10%成長)、EBITDAは$193.2 million(昨年は$158.6 millionと27%の成長)となっています。なお、売上の8割を占める製薬会社からの広告収益が昨対10%増の成長が貢献しています。

それを反映して時価総額も昨月比10%成長となり、$2,099 millionとなっています。予想PERは50倍を超えており、エムスリーに近い数字ですね。

なおEveryday Healthは本日に2015年通期の決算を発表するようです。この2社に関しては、先のDrugs.comに並び注目している会社ですので、また詳細の分析をしてみたいと思いますので、楽しみにして頂ければと思います。

以上で、今月の定点観測はおしまいとさせていただきます。

最後に、

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の成績】

まあ興味ないと思いますが、晒してみます。晒してこそ強くなるのだ!マイナスになりまくってたら笑ってください。

というわけで、2月→3月の成績は96%でした。3か月連続負け越し・・・くう。TOPIXが89%でしたので、それよりはマシですが、TOPIX+10%を目標としているので、目標は未達。てかこの地合いで100%超えれてる人は尊敬します。

コシダカホールディングスなどいくつかプラスになったものを現金化して耐え忍んでます。

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の買い!銘柄】

やーもう正直いうとどこも買いたくないですが、ここまで下がる過程で、だいぶメディカルシステムネットワークを仕込んじゃっているので(笑)上がってもらわないとな!一時400円切った時はさすがにちょっとへこみましたが、いまは450円前後まで回復しています。がんばれメディシス!負けるなメディシス!あとEMシステムズとネクストがもう少し下がったら買いたいと思っています。

ではまた来月!

前月(2015年2月版)の時価総額定点観測はこちら。各社の詳しい説明も載せています

■こちらもどうぞ
田中大地って誰やねん。経歴とプロフィールはこちら
メドレーオンライン病気辞典がSEOに圧倒的に強い3つの理由
1日120万人が訪問する医薬品サイトDrugs.comを通して考える情報インフラの競争優位

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です