この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【GWに一気読み】数万冊を読破したマンガオタクが選ぶ最高に面白いマンガベスト18を選びました!

こんにちは、アジヘルさんこと田中大地です。

いやーGWはじまりましたね!!
今年は10連休という超大型連休ということで、海外に行く人も多いと思います!でも、みんなが行く分飛行機価格が高騰してしまい逆に予約な出来なかった人も多そうです。
GW、10連休、暇だ〜!!という、そんな人のために家で漫画を読み尽くす、というプランを提案します!

#人生で大切なことは全て映画と漫画から教わった とちっちゃい頃まじで言ってた数万冊の漫画を読み尽くしてきた僕が「人生でトップレベルに面白かった漫画」を厳選してみました!!全部死ぬほど面白いこと保証します!友人とかが買って読んでつまらなかったらおごるレベル!(逆に買ってよかったらおごってくださいw)

タグ付けもしてみたので、今の気分にあったものから是非読んでみてくださいね^^
では、どうぞ!

オススメマンガ① #圧倒的に青春!!ドキドキが足りないあなたに

GWの10連休をひとりで過ごす。もしくは最近青春してないな、と感じるそんなあなたに、漫画を読んでドキドキを済ませる、という奥義ができるおすすめの3冊を選んでみました。

「ハチミツとクローバー」(羽海野チカ)


「ハチクロ」は超有名なので、読んだこともある人多いかと思いますが、僕の中で「恋愛マンガ、心のベスト10第1位!!」。僕あちこちに何度も引っ越してますが、必ず全巻一緒に移動している唯一の漫画です。

恋なんて常に行き違いさ、と言いたくなるほどにもう全員の恋愛っぷりがキュンキュン止まらないですが、個人的には真山さんの先輩への恋が好き。
突然流れ出す「ティファニーで朝食を」の着信音。彼を急がせるのなんて、「彼女しかいないだろう」、のシーンで、映画ティファニーが一番好きな映画だった僕としては、もう心に稲妻落ちた並に好きなシーン。

ハチクロ

©羽海野チカ

僕も突然車で連れられて、長野までそばを食べに連れて行かれたい!(謎)

Kindle版:あり

「最終兵器彼女」(高橋しん)


ハチクロ登場前の僕の中でのベスト恋愛マンガといえば、「最終兵器彼女」

はじめての彼女と付き合った、その直後に世界が戦争が始まり、ちょっとドジなふつうの彼女が、日本国の最終兵器に改造され戦線へ、というもはや設定がメタ過ぎてやばいのですが、そのシチュエーションだからこそ、たまに会える彼女が愛おしすぎて。

大好きな彼女は、体も心も兵器になっていく、あまりにも悲しい恋の話

最終兵器彼女

©高橋しん

「ぼくたちは恋していく」んだよなー!!!

Kindle版:あり

「シガテラ」(古谷実)


根暗で、いじめられっ子・・スクールカースト最下層の男子高校生の主人公が、教習所で出会った高嶺の花、南雲さんと付き合ってしまうところから、から始まる青春マンガの大傑作。

そんなことないやろ、ってくらいのうらやまシチュエーションの連続だったはずが、いつぞや主人公の抱える心の闇が現実になっていき・・・。

シガテラ

©古谷実

大してモテることもない中学生だった自分としては、シガテラ読みながらこんなシチュあったらやばい、とめっちゃドキドキしてた記憶あります。笑

Kindle版:あり

オススメマンガ② #痛すぎる青春を過ごした全てのオタクたちへ

恋愛モノ大好きなので、その流れで行ってみましょう!中高生時代オタクだった、すべての同志へ捧ぐオタクの青春漫画3選。

「グミ・チョコレート・パイン」(佐佐木 勝彦、清水沢 亮)


バンド、映画、小説・・俺は他の人と違う、という自意識。読む人誰もが主人公のことを「これは俺のことを書いている漫画だ!」と思わせる究極の中二病、オタク高校生の青春漫画の金字塔。

グミチョコ2

©佐佐木 勝彦、清水沢 亮)

大槻ケンヂを大槻ケンヂたらしめた、カルト的小説の漫画化された本作。漫画の山口さんもまた最ッッ高に可愛いのです!!

さあ、漫画界最高のヒロインの山口さんの魅力に虜になるが良い!!
グミチョコ1

©佐佐木 勝彦、清水沢 亮)

Kindle版:あり

「げんしけん」(木尾士目)


オタクサークル、「現代視覚研究会」略してげんしけん。異性と付き合ったことないオタクたちが狭いサークル室で繰り広げる恋愛・友情劇。

中高時代に自分の好きなものを語り会える友人がいなかったオタクの自分としては、大学に入って好きなことを好きに語り合える仲間がいるってことそれだけで、もうめっちゃ幸せなんですよね。(僕の場合は映画、音楽、本でしたが)

げんしけん1

©木尾士目

好きな人をサークル内の別の男と攻め/受けのBL漫画を描いて、それが彼にバレちゃって、みたいなシチュ、映画サークルだった自分には、わかるわかる、みたいなシーンだらけな傑作青春コメディ。

余談ですが、僕の知ってる女友達なんてわりとBLとかみんな普通に読んでたので、最近、慶応/コンサル出身の女友達が、BL読んだことある人私の周りにひとりもいない!という発言に生きてきた世界が違いすぎて衝撃を受けました。

Kindle版:あり、現在一巻無料で読めます!

「ルサンチマン」(花沢健吾)


痛すぎる青春漫画を描かせたら右に出るものはいない、花沢健吾氏の初期大傑作。

30歳童貞、印刷工場に勤める主人公、坂本は現実世界では完全に負け組。ついに3DVRギャルゲーに手を出してしまう。そこで、AI美少女と出会い恋をするのだが、徐々に仮想現実とリアルワールドが絡み合っていき・・・

ルサンチマン

©花沢健吾

スピルバーグ映画にも通ずる世界観を10年も前に描いてしまった物語の天才、花沢氏の世界観にドップリ浸かってしまおう!

ルサンチマン2

©花沢健吾

Kindle版:あり(新装版はなし)

オススメマンガ③ #孤立空間で背筋が凍る恐怖を

恋愛モノの次は、孤立空間で起こる怖い話モノ行ってみましょう。
僕大好きなんですよね〜、正直いくらでもあげれられるんですが、その中でも特にオススメの3つを厳選しました!

ドラゴンヘッド(望月峯太郎)


中学時代異常に流行ったので、僕と同い年くらいの人は読んでる人が多いと思いますが、パニック、シチュエーションもの漫画の代表作的なマンガですね。

修学旅行の帰りの新幹線、謎の大地震が起き、トンネルが崩落。あたりは一帯死体だらけの中、生き残ったもの数名でサバイバルゲームが始まる、みたいなストーリー。

↓ノブオが見た目怖すぎて夢に出るレベル・・・
ドラゴンヘッド

©望月峯太郎

ドラゴンヘッド好きな方は、同じく極限状態の生存競争モノ、めちゃくちゃ怖いホラー小説、貴志祐介氏の「クリムゾンの迷宮」もオススメです。僕、これも中学時代に読んだんですが、怖すぎてもう二度と読めないっす・・・。夜に読むと絶対後悔するやつ。

Kindle版:あり(ドラゴンヘッド、クリムゾンの迷宮ともにあり)

ビリーバーズ(山本直樹)


エロ漫画の魔術師、山本直樹氏の描くカルト的大傑作。

「ニコニコ人生センター」という新興宗教にはまり、無人島で「安住の地」へ向かうための「修行」を行う男女3人。

しかし、「議長」はチームの美しい女性に対して欲情し、次第に「修行」の名のもとに逸脱した行為を繰り返す。ルールは都合よく捻じ曲げられ、いつしか自己崩壊して行く。

ビリーバーズ

©山本直樹

オウム真理教に材をとったといわれる世界観・設定自体がメタ過ぎてやばいです。
人はどうして騙されるのか、組織はどうやって崩壊していくのか、といったことについて考えさせられる作品でありながら、物語としてすこぶる面白い、メタな話が大好きな人に超オススメの一作。

Kindle版:あり、現在セール中です!

花園メリーゴーランド(柏木ハルコ)


ブルーハーツが大好きな普通の中学生の主人公が、一人前の男になるために先祖代々から伝わる家宝の刀「烏丸」を探し、迷い込んだ雪深い逸れ村「柤ヶ沢」。
そこで一人の同い歳の女の子、澄子と出会う。澄子も大好きなブルーハーツの話で意気投合し、次第に惹かれ合う二人だが、現代社会と隔離されたその村では「夜這い」の伝統文化が残っていて・・・。

「よそ者」には見られてはいけない村の伝統を知ってしまった彼が、徐々に取り込まれていき・・みたいな話。

花園メリーゴーランド

©柏木ハルコ

僕自身、大学時代に「他者」「よそ者」について専攻(といっても大したことはしてないけど、ツヴェタン・トドロフとかレヴィ・ストロース大好きだった)するくらい、ウチ/ソトについて思考することは好きで、こういうムラ社会ものは大好きなんですよね。


独特な風習が残るムラ社会の話では、映画化もされた、いがらしみきお氏の「羊の木」もすこぶる面白いのでオススメです!

Kindle版:あり(花園メリーゴーランド、羊の木ともにあり)

オススメマンガ④ #GW早く終われ!仕事したくてたまらなくなる仕事漫画!

このカテゴリに興味もったアナタはだいぶ仕事好きですね!はい、僕もです!でもゆっくり休むのも大切なので、そんなときはこれらのマンガ読んで、GW明けにめちゃくちゃ働くための気力を養いましょう!

「サプリ」(おかざき真里)


圧倒的画力を誇る天才おかざき真里氏が、広告代理店で働く27歳のキャリアウーマンを描く究極の仕事マンガ
昔の広告代理店手こうだよね感あるあるの毎晩タクシー帰り、帰ったらベッドに倒れ込むだけの生活を続け、もう周りは若手とも見てくれない。周りの友人はどんどん結婚・妊娠していき仕事をやめていき、自分のしあわせがなにかわからなくなる

サプリ

©おかざき真里

働く女性の人生のリアルが全て詰まっている、もしもまだ「サプリ」未読の社会人女子がいたら、このGWに必ず読んでほしい、そんな、人生のサプリになるような漫画です。(にしてはちょっと重すぎるw)

Kindle版:あり

「左ききのエレン」(かっぴー)


言わずとしれた、最近、僕=「左ききのエレン」みたいなブランディングされてる(あとワンピース)くらいの激推し作品ですね。絵の下手さも異常値レベルなんですが、ハチクロ並みに全話名シーン!と言っても過言ではないくらいの、パンチラインだらけ。

真剣に仕事し、ストラグルし、生きようとしている人は全員に読んでほしい。

ちなみに僕の中のNo.1名言はこちらの記事のサムネでも使った「大義か恩義か選ぶんだ」です。人生で大きな意思決定するとき、いつも頭に浮かべる言葉。

左ききのエレン

©かっぴー

Kindle版:あり、たまにセールになります

「リアルクローズ」(槇村さとる)


プロフェッショナルとして仕事人としての生き様を描くマンガならば、槇村さとるが日本一と思ってるのですが、その中でも「リアルクローズ」は格別に面白い。

百貨店の布団売り場で働くファッションがイケてない主人公が、突如婦人服売り場に異動になり、そこには伝説の「モードの女帝」が上司となり、とストーリー的には漫画版「プラダを着た悪魔」のようなストーリーで、仕事頑張る女子は勿論、男でも読んで間違いないと思います!(プラダを着た悪魔も最高)

リアルクローズ

©槇村さとる

「覚悟を持った人は強い」という言葉を何度も思い出させてくれる仕事マンガです。

Kindle版:あり

オススメマンガ⑤ #スタートアップの必読書!仲間たちとの冒険譚

仕事の流れで、、やっぱりスタートアップやってるものとしてはやっぱりこの二冊は外せない。

「ONE PIECE」(尾田栄一郎)


Kindle版:あり

「キングダム」(原泰久)


Kindle版:あり

もはや詳細な説明はいらないかな、と思いますが、もしまだ読んでない人がいるならば、迷わず「読む」の一択です

数万冊マンガ読んでますが、一番好きなマンガは「ワンピース!!」って答えますからねw 
え、意外と普通なんすね、って返されるw

スタートアップ行こうか迷ってる人は、まず以下の3冊読んで、自分に合うかどうかで割と適性はわかるんじゃないかとすら思ってます。スタートアップちゃあワンピース感ですからね。「ワンピースで言うと」「キングタムで言うと」みたいな表現で、事業戦略の共有したりしますからね。笑

ベタすぎるけどやっぱコレ。笑
ワンピース

©尾田栄一郎

「BECK」(ハロルド作石)


あと最近久々に読み直して、やっぱりトビッキリおもしろいなってなったのが、「BECK」。再度はまって、文庫版を大人買いしましたっ!!

もうこのシーン↓とか、うちの会社そのまんまですからw

Kindle版:あり(新装版はなし)

オススメマンガ⑥ #アジヘル脚本賞

この世界は全て連環している。アカデミー脚本賞ならず、アジヘル脚本賞をあげるなら、この三作。あまりにも完成度の高いシナリオに泣こう。

「ACCA」(オノ・ナツメ)


オノ・ナツメは、その初期作品「リストランテ・パラディーゾ」のあたりから注目していて、極めて複雑なシナリオを設計する天才脚本家だと思っているのですが、そのあまりある才能を全部ぶっこんだ集大成的大傑作が「ACCA」です。

架空の国の省庁を部隊に、各省庁を監査する「監察課」に務める主人公が、組織に潜む謎を明らかにしていく物語。

ACCA1

©オノ・ナツメ

雰囲気がほんわかしている1巻は、よくある日常モノなのかな、と思っていたのですが、2巻あたりから謎が謎を呼ぶ展開に。最終巻に散りばめられた謎が全て回収されるカタルシス。

登場人物たちがまたそれぞれの物語あってかっこいいんすよね。誰が正義で誰が悪か、と言い切れず、皆がそれぞれの信念を持って戦っている
ACCA

©オノ・ナツメ

あまりに面白くて、22時から読み始め朝4時くらいまでKindleで連続購入からの一気読みしてしまった上に、全巻本棚に置いておきたく紙の書籍でもコンプリートする、2018年に一番おもしろかった激推しマンガです。騙されたと思って是非。

Kindle版:あり

「素晴らしい世界」(浅野いにお)

武富智 短編集「A scene」(武富智)

一見、短編集の建前をとっているのですが、各短編に出てくる登場人物が相互に絡み合って、一冊を通してまた別の物語へと昇華する、なのに個別の短編もめちゃんこ泣ける、というもはや芸術娯楽作品としか言えないこの二冊を同時にピックアップ。

いまや「サブカル好き御用達のメンヘラ漫画家」という良いんだか悪いんだかの評価を受けている浅野いにお氏の初連載作「素晴らしい世界」は、近作のダークさがまだ片鱗しか見せないハッピーエンド話。ふつうに気持ちよく号泣します。

ascene

©武富智

武富智は、画力も、心理描写も、ストーリーメイクも100点満点揃った実力作家なので、もっと有名になってほしい!!希望も絶望も全部抱きしめて、進め!!

どちらも1冊でも読めるので、手軽感も◎です!(「A scene」気に入った方は、もう一冊「B scene」「C scene」という別の短編集も出てて、こちらもオススメ!)

Kindle版:あり(素晴らしい世界、A sceneともにあり)


以上、どうでしたでしょうか〜??実は今回泣く泣く外した超絶オススメ漫画が、あと20冊以上あるので、今回の記事が人気だったら、随時追記更新して、完全保存版っぽい内容にしていこうと思うので、是非拡散シェアもらえたら嬉しいです^^

ここに載っているのは全巻Kindleで読めるので、そっちで買うのもオススメですね!読んだら是非感想教えてくださいね^^
では、マンガ片手に素敵なGWをお過ごしください!!



なお、僕は今日から海外です!もちろんKindleも同行するので、いっぱいマンガ読みます〜♪



▼この記事が気に入った方はこちらもどうぞ
この1年間で本当に買ってよかったモノ
【ご報告】ついにYahooニュースデビュー!次はYahooTOPを目指します!
そもそも田中大地って誰?筆者の経歴とプロフィールはこちら

▼いま一番人気の記事
【随時更新】医療ヘルスケア業界でビジネスやる人へのおすすめ本15選

5/5 (5)

良いと思ったら★をつけてください!

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です