お問い合わせ・仕事のご依頼

お問い合わせ

コンサルティングや記事の執筆のご依頼など本ブログ執筆者・田中大地へのお問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。僕のFacebookTwitterからのメッセージも歓迎です。

最近、「記事執筆やコンサルをお願いしたい」というご連絡を頂くことも増えたので、下部に参考価格を載せてみることにしました!
もしお仕事依頼を頂ける方はご一読ください。お問い合わせ前にプロフィールも一度お目通しください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


参考価格

下記は実際にお受けしたことがある金額の例です。

記事広告やバナー掲載

当ブログと相性のいい製品・サービスについては、積極的にお受けしていきたいと思っておりますので、ぜひご連絡ください!

コンサルティング、サイト運用、マーケ、セールス支援(業務委託契約)

人日でお受けする場合も、売上増に対する成約単価でお受けする場合もありますが、時間単価は現在20,000円〜40,000円を頂戴しています。時間単価をお支払い頂いて後悔させない仕事をできるようにがんばっています。

参考として、月一回2時間程度のコンサル+Slackなどでの相談を月5万円〜でお受けしています。

記事執筆

本ブログ以外のメディアへの執筆もお受けしております。これまで1文字約10円くらい(2,000字の場合は2万円、5,000字の場合は5万円)でお受けしていましたが、ご依頼が増えるに伴い、執筆の工数に対してお受けし続けるには難しい水準であることがわかってきました。

こちらの3-5倍の額での受注がベストかと考えています。ただ、自分にとって「ぜひ書きたい」というお話についてはその限りでありませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

『ビジネス+IT』に連載中の記事例:
2019年「医療×IT」の2大潮流、ヘルスケアビジネスの新たなブルーオーシャンとは

電子カルテの基礎解説、クラウド型のトレンドや「今後の医療の発展に欠かせない」ワケ

医療ITの圧倒的王者、エムスリーが常に勝ち続ける理由

「オンライン診療」は医療格差解消のカギ、アジア諸国のような破壊的革新を産むには?

※実名の場合は本ブログにバックリンクをお願いしております。

講演

講演のご依頼も増えてきています。ありがたくお受けしたく考えておりますが、準備工数が大きいため、特にこれまでに話したことのないテーマの場合ですと、じっくり検討させていただいています。
1回の講演で15万〜20万円を提示していただけますと、判断がしやすくなります。企業内研修講師などの依頼も増えておりますので、お気軽にご相談ください。

講演の例:
MIT Technology Review, m3 AIラボ主催
Emerging Technology Nite #15 医療AI最前線ーヘルステック・ビジネスの作り方ー

新社会システム総合研究所主催
「デジタル時代のヘルスケアビジネスの立ち上げ方 ~医療AI、オンライン診療、デジタル医療機器の実践~」

R&D支援センター主催
AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント

Beyond Next Ventures主催
米国展開を見据えた医療機器開発セミナー

AIビジネスのこれからの戦い方



現在はやることだらけでリソース逼迫に伴い、新規のお仕事を全部お受けすることは難しかったり、上記よりも少し単価を上げさせていただくこともあるかと存じますが、ご容赦ください。勿論「もっと高く」というお話はありがたすぎます!美味しいお肉食べたいです!

また、初対面の方から「人紹介して」というような話をされることがしばしばありますが、基本的にお断りしています。
お断りするときの雰囲気が悪くなる感じも嫌ですし、僕が応援したくなったら勝手に紹介しますので、どうぞご遠慮ください。

なお、基本的に仕事は医療介護ヘルスケア絡みに限定したい意向です。というか僕にそれ以外を頼むメリットはあまり大きくないと思います!ただ、めっちゃ自分の経験に良さそうなものあればお受けする可能性はありますので、ご相談ください。

以上です。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする