この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2016年本当に買ってよかったモノ (出張・トラベル・ファッション編)

こちらは春節、チャイニーズニューイヤーです。あけましておめでとうございます。こんにちは、田中大地です。
先日会社のみんなとうちでBBQやったあと初めて人狼ゲームをやったのですが、9時前に始めたのに気づいたら深夜の1時半くらいになってました。恐るべしです、人狼。

さて、いきなりですが、僕、お得なお買い物が大好きなんです。正確に言えば、徹底的な情報収集を行い、良いモノを厳選し、なるべく安く買える経路を見つけ出した上で、ポイント・カードにより還元率を高める一連のフローをPDCAサイクルまわすことが楽しくて仕方ない。私生活でもPDCAまわしまくってます。
そんな隠れたモノ系ブロガーの僕が2016年買ってよかったモノをまとめてみました。2017年もお買い物楽しみましょう!

いくつかのカテゴリに分けてみていきましょう。まず、出張・トラベル編、ファッション編ということで、海外出張や海外旅行が多い人には是非揃えてもらいたいおすすめモノ&ぼく愛用のファッションものをご紹介します。

-> Part2: 健康維持・ヘルスケア編はこちら
-> Part3: シンガポール生活・英語学習編はこちら(準備中)

■出張/トラベル編■

1.A.L.Iのスーツケース「departure」シリーズ

海外赴任のタイミングで、スーツケース新調しようと思った際に、様々比較検討して決めたのが、A.L.I(アジアラゲージ)の「departure」シリーズ。

アジアラゲージは正直ぴんきりありますが、このシリーズだけは別格です
圧巻が、とにかく一度使った人はみんな感動する、ホイール性能の高さ。どんな荷物詰めたって、くるっくる稼動します。一度JRのプラットフォームで、スーツケース放置していたら、勝手に進んでいっちゃって、ホームからスーツケース落ちそうになるくらい動きます。しかも10年保証でホイール交換自由なので、安心して買えます。

5万くらいはするので、安いサムソナイトとかも買える予算は必要ですが、使い勝手とデザイン性は他の比じゃないと思っているので、良いスーツケース探してる人にはかなりお勧めです。
も少し大人になって、RIMOWAのスーツケース買うまでの間はこれかな!と

2.世界対応変換プラグ

これまで海外旅行に行くたびに、その国で使える変換プラグ買ってましたが、毎回旅行終わった後無くすんですよね。そんで毎回買う、ってのを繰り返してました。あと大学時代はバックパッカーやってたので、一通り各タイプ揃えなきゃいけないってのも悩んでました。

今回海外赴任にあたって、海外出張も多くなるため、何か良いソリューションはないかなと、思っていたところ見つけたのが、コレ、全世界対応の変換プラグ

IMG_20170130_001649_HDR
上の写真のように、ロボットみたいにがんがん変形して、これ1個で世界中のコンセントに対応してくれます。2,000円くらいはしますが、1個持ってたら一生使えるので、年に1回以上海外行く人であれば絶対お勧めです。

いくつか種類はあると思いますが、個人的に使っているのは、たぶん一番有名なデバイスネット社のROAD WORRIORシリーズです。持っていない方は大変便利なので、一家にひとつ是非。

3.3つ股充電できるケーブル

上の変換プラグとあわせて買いたいのが、3つ股充電できるケーブルです。日本は意外と売ってないのですが、海外では結構ふつうに使われています。

僕は携帯シャオミ&KINDLEはアンドロイドタイプ、iPodは古いやつなんで昔のアップル製品タイプのでかいやつ、あと日本で使ってたiPhoneを充電したいときに、小さいアップルタイプの3種類のケーブルが必要なのですが、これ1本のケーブルですべて対応してくれるので、荷物もかさばらずかなり重宝しています。

4.エボリューションピロー

このカテゴリの最後にご紹介したいのが、エボリューションピローです。飛行機や新幹線で長旅する人は、なんらかネックピローは持っていると思いますが、普通のネックピローに比べて高さがかなりあって、首筋に圧倒的なフィットし感動します。本当に飛行機で爆睡できるようになります。

僕もネックピロー探してるときに、色々情報収集していると、ユナイテッドアローズのカリスマバイヤー菊地市郎氏が、旅の一番の相棒と紹介していたんですね。それは試してみるしかないだろう、と購入。今には飛行機旅には欠かせないアイテムになりました。

値段は約5,000円と、他のものと比べると2倍近くはするのですが、旅QOLが爆上げ必至なので、自信を持って買いです。

■ファッション編■

5.マリメッコのバッグ

友人が使っていて、あまりにもかっこよかったので、欲しさに耐え切れず使い始めました(笑)
「A Perfect Balance of Function & Style」とバッグで自分で書いちゃっているとおり、機能性+デザインのバランスに優れた久々のお気に入りバッグです。何もない休日や1泊2日程度の旅行はいつもこいつとお供しています。

ずっとバッグンナウンを使っていたのですが、有名になりすぎたのか街で持っている人と出会うことが多すぎて卒業し、こちらを使用し始めました。

あまりに満足度が高いので、仲の良い友達へのプレゼントにも2度送ってしまうくらいで、お揃い人口をどんどん増やしていますw。僕はBlackのBuddyタイプを使ってますが、女性にはひとつ小さいサイズのMETROタイプもかわいいです。

あまりにヘビーユースしすぎて、若干くたびれてきましたが、更にリピートありかもと思うくらいのお気に入りバッグです。なお、マリメッコはあまり店舗がないのですが、ルミネに入っているステーショナリーショップのSmithには少なくともこの1年間ずっと置いてありますので、ぜひ背負ってみてください。

6.BARNS outfittersの白紺Tシャツ

もう良い大人なので、Tシャツはシンプルに白か黒か紺、無地×ポケットありなし。この組み合わせでいこうと決めました。計6パターンの組み合わせになりますね。

で、白か紺ならBARNS outfittersのポケTがおすすめです。これまでREMI RELIEFの白黒ポケTを着てましたが、レミと違ってサイズ感が大きすぎず、日本製にも関わらず値段も4,000円前後とお手ごろなので、色違いでそろえてます。くたびれたら同じのリピかなーと思っているお気に入りTです。

僕は日本出張時に、ヒカリエで見つけましたが、アマゾンでも取り扱っていますね。しかもこっちのがだいぶ安い・・・3,200円。次回からあこれもアマゾンだな。

7.所作の名刺入れ

名刺入れは社会人になりたての頃、入社3日目、みなとみらいの超有名ホテルに営業同行するぞ、という前日に頑張ってアローズでWhitehouse Coxを買ってずっと使っていたのですが、収容枚数が少なく、3年ほど買い替えをずっと検討していました。なかなか欲しいものと予算のバランスがあわず、購入できずにいたのですが、ようやく見つけました。それが所作

先日日本帰国時にたまたま出会ったのですが、デザイン、メッセージ含め日本推しかつ英語表記なので、海外の人にもウケるデザインです。名刺入れ、小銭入れどちらも1万円以下で高すぎず、プレゼントにも良さそう!

所作 名刺入れ

僕はバッファロー革のモデル使ってます。最初は開き方とかに苦戦しますが、慣れれば問題なし、名刺も50枚くらい入るので、十分な容量です。

8.MOTOの財布

財布はリクルート入社時に親からプレゼントしてもらった、青山表参道&鳥取島根に店を構える革&シルバー専門店MOTO(モト)の財布を使っていました。10年経って色はだいぶ渋くなったのですが、くたびれも少しでてきたなあと思ってたところで、青の新型をプレゼントでいただいたので、新調。まったく飽きないです。

MOTO財布

正直僕このお店が好きすぎて、小銭入れとキーケース、革靴もMOTOを使ってます。MOTOの革製品は、デザイン性に富みながら、値段も高すぎないので、多分一生使い続けるんだろうなと思ってます。

なお、MOTOをやられている本池兄弟の親は、レザーアートの第一人者、本池秀夫氏。レザー好きは是非。
神の手ニッポン 本池秀夫 http://kaminote.org/motoike

▼続きはこちら
-> Part2: 健康維持・ヘルスケア編はこちら
-> Part3: シンガポール生活・英語学習編はこちら(準備中)

▼人気記事
ヘルステックが変える医療の未来を『未来に先回りする思考法』を読んで考える
「医療×AI(人工知能)」によって医療界の非効率を改善し、製薬会社が医薬品を開発することに集中できる未来を僕は作りたい。
そもそも田中大地って誰?筆者の経歴とプロフィールはこちら
シンガポール住んで1年が経ちました。『一生を賭ける仕事の見つけ方』を読んで、今思うこと

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です