この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

医療介護ヘルスケアITの時価総額(2016年7月版): アトラが東証一部上場!

医療介護ヘルスケアIT上場企業の時価総額を毎月定点観測していきます。(7月版)

いやー今月もしんどかったですねー。ここ最近、毎回こればっかりいってる気がしますが。
しかしまさかイギリスって感じですけどね。僕もだいぶ被弾しましたが、お前内需株だろ!と何影響受けてんだ!とか、ついつい言いたくなります。笑

日経平均の推移は、
2016.1.4:19,033円
2016.2.1:17,890円
2016.3.1:16,085円
2016.4.1:16,164円
2016.5.1:16,666円
2016.6.1:16,955円
2016.7.1:15,682円
6月→7月騰落率:92%

です。

早速個別銘柄を見ていきましょう。

医師向けサイト4社:エムスリーが世界5位に!

銘柄 2016年6月 2016年7月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
エムスリー[2413] 10,113 11,943 83.5 +1,830 118%
ケアネット[2150] 40 38 24.0 -2 95%
メドピア[6095] 51 47 399.2 -4 92%
MRT[6034] 153 124 107.2 -29 81%

医師向けサイト各社は、先月の決算ラッシュも終え、特に大きなニュースはありませんでした。イギリス離脱の影響で各社影響を受けていますが、エムスリーだけはそんな話なかったかのように、圧倒的な伸びを続けています。

この地合いの悪い中、大きなニュースもなく118%成長って、やはり化け物ですね。この中でEU圏で唯一事業やってる会社はエムスリーだけのはずなのですが(笑)

今月、エムスリー社は海外Forbes誌の選ぶ「Most Innovative Growth Companies 2016(世界でもっとも革新的な成長企業)」ランキングで世界5位の偉業を成し遂げています。

勿論日本企業の中では1位ですね。なおベスト100の中に日本企業は合計6社ランクインしています。7位MonotaRO、9位カカクコム、12位スタートトゥデイ、27位朝日インテック、72位ピジョン。うーん、やはり日本の情報インフラ企業はすごい。リクルートなど含め、情報インフラ産業だけは海外に負けていないのではないでしょうか。

「Most Innovative Growth Companies 2016(世界でもっとも革新的な成長企業)」
http://www.forbes.com/growth-companies/

BtoBサービス4社:アトラが東証一部上場!

銘柄 2016年6月 2016年7月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
メディカルシステムネットワーク[4350] 165 143 11.7 -22 87%
EMシステムズ[4820] 214 217 12.6 +3 101%
NDソフトウェア[3794] 157 144 20.1 -13 92%
アトラ[6029] 101 100 33.1 -1 99%

アトラは東証一部に鞍替えしちゃいましたね。いやーミスったミスった。

何度も指値を入れ続けた銘柄ですが、いつも10円下とかで買い損ねてたところ、一歩先に一部にいっちゃいました。想定よりもだいぶ鞍替えが早かったです。

売上構成としては、ほねつぎチェーンのフランチャイズ+保険請求システムの二刀流ということで、僕の大好きなメディカルシステムネットワークに似ているのですが、メディシスと比べると市場評価(PER30-40倍をうろうろしてました)も高く、まだ請求システムに特化しているのであれば、もう少し自信をもって買えたのですが、やはりリアルもあってPER40倍はなあ・・・と躊躇してしまっていたのです。ほんと投資のセンスがないですね(笑)その分、大きな失敗もあまりないのですが。

なお噂のメディシスはド内需株のくせにイギリス離脱の影響を受けまくっているので、ちょこちょこ買い増していきたいと思います。

BtoCサービス6社:MTIがメディパルと資本業務提携

銘柄 2016年6月 2016年7月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
ネクスト[2120] 1,339 1,145 36.4 -194 86%
エムティーアイ[9438] 420 392 13.3 -28 93%

 日本メディカルネットコミュニケーションズ[3645]

34 28 14.7 -6 82%
じげん[3679] 576 604 52.5 +28 105%
グリー[3632] 1,574 1,393 11.7 -181 89%
DeNA[2432] 3,286 3,575 15.6 +289 109%

エムティーアイは、なんと医薬品卸のNo.1メディパルホールディングスと資本業務提携を発表しています。これはかなり異色感のある提携ですが、エムティーアイのヘルスケア領域を次の柱にするという本気度が伝わってきます。

僕の認識では、同社の得意としているリアルアフィリエイトを活用し、ヘルスケア×個人を積極的に攻めていくのかと思っていましたが、
どうメディカル×法人を攻めていくのか楽しみにしていきたいと思います。

あと個人的にネクストを800円代で買っておきました。がんばれネクスト!

医療データ3社:メディカル・データ・ビジョンの一部上場は近い?

銘柄 2016年6月 2016年7月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
データホライゾン[3628] 41 37 -4 90%
メディカル・データ・ビジョン[3902] 177 179 103.1 +2 101%
バリューHR[6078] 48 53 23.2 +5 102%

メディカルデータビジョンは、株主優待新設、株式分割と、地場の悪い中しっかりと伸ばしてきています。
僕はここで追っている銘柄はリリースを毎日受信できるようにしているのですが、ほとんど毎日のようにリリースが出ています(笑)圧倒的なPRの力の入れ方ですね。

このまま、よほどへこまなければ東証一部鞍替えも近いでしょう。たださすがにPER100倍は割高すぎなので、もう少し落ち着けば買っておきたいのですが・・・また機会を逃しそうな匂いがぷんぷんしてます。(笑)

また、今月から、バリューHRをウォッチ銘柄に追加しています。健診の業務支援システムや業務代行、健保組合向けアウトソーシングや、企業向け福利厚生サービス支援をしています。

間違いなく伸び行く領域ですが、企業体質なのか、MDVとは違って目立たないですね(笑)なお、先月頭に中小企業へのネットワークをさらに強めに行くため、大同生命との資本業務提携を発表しています。選ぶ会社も渋い(笑)

海外メディア2社:WebMD買い時到来か?

銘柄 2016年6月 2016年7月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
WebMD[WBMD] 2,543 2,258 33.4 -285 89%
Everyday Health[EVDY] 223 263 +40 118%

※時価総額の単位は百万ドル

WebMDはさすがに影響受けてますね。前月書いた通り、EU強化を狙っていたと思う中でのこれなので、-10%となっています。

ついに本格的に海外ヘルスケアITの物色をはじめましたので、しっかり買い時を見極めていきたいと思います。

以上で、今月の定点観測はおしまいとさせていただきます。


最後に、恒例の

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の成績】

どーん。TOPIXが前月比92%だったのに対し、僕の成績は前月比97%となっています。まだ輸出株や大型株の比率が少ない分耐え忍んだ感じですが、それでもだいぶ食らいました。

ヘルスケアITではないので、ここでは取り扱ってないですが、コツコツ仕込んでいたRIZAPグループがかなり強くまだマシって感じですね。

今月1日より健康コーポレーションから、満を持してRIZAPグループへ名前も変えて、ここも確実に東証一部鞍替えしてくると思うので、まだまだ伸びてくれるでしょう!

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の買い!銘柄】

ちょっと今は今後の根動きが読めないので、なんとも言えませんね。こういうときに買えないから投資のセンスがないと言われるのでしょうが、信頼しまくっている銘柄以外への投資は控えめに、キャッシュポジション高めにおき、もう1度下げたら買っていきたいと思います。

それまではしっかり勉強ということで、凄腕投資家と勝手に思っている友人にお勧めされた(というかこの本読まないで投資してんのとかオワコンだわ、と罵られた。笑)『マーケットの魔術師』シリーズを読んで、知識と度胸を育てていきたいと思います。

最近シリーズの中2冊読みましたが、まじで面白いので読んでない人は是非!今セール中でKINDLE版ならなんと60%引きで、通常3,000円のところ1,000円ちょいで売っています


ではまた来月!

過去の定点観測はこちらよりどうぞ
前月(2016年6月版)の時価総額定点観測はこちら。
2016年5月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年4月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年3月版の時価総額定点観測はこちら。
2016年2月版の時価総額定点観測はこちら。ウォッチしている各社の詳しい説明も載せています

■こちらもどうぞ
そもそも田中大地って誰?筆者の経歴とプロフィールはこちら
筆者がシンガポールで半年働いて感じたことまとめ
1日120万人が訪問する医薬品サイトDrugs.comを通して考える情報インフラの競争優位

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です