この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【アジヘル個人インターン】三島 賢太郎くん自己紹介

スクリーンショット 2020-08-29 20.31.47

こんにちは、アジヘルさんです。
いま一緒にアジヘルブログ・事業を頑張ってくれてる「個人インターン」メンバーの自己紹介タイムです。

▼もし未読の方はまずこちらの個人インターン記事を御覧ください。

個人インターンとは、を考える。僕は、誰もが面白い「個人」に師事するという世界を作りたい。
目次 個人の時代における、個人と個人の関係を考える インターンというものに関する小さな違和感 1. 本当に憧れた、この人の...

さて、今回はだいぶ紹介が遅れてしまったのですが、4月から、個人インターンをやってくれている現・金沢大学4年生の三島賢太郎くんを紹介したいと思います。
Twitter:@kentarou_m2982

では三島くんどうぞ〜

私が個人インターンに応募した経緯

はじめまして、4月から個人インターンとしてブログのお手伝いをしています、三島賢太郎と申します!

現在は大学4年生で、石川県にある金沢大学に通っています。

私が個人インターンに応募した経緯を、結論から申し上げますと、ヘルスケア業界の構造理解を深めながら、成果も求められる環境に入りたかったからです。

これまでもヘルスケア業界の企業に関してリサーチを続けてきましたが、自分の範囲内、自分の解釈での理解でした。

この状況に悶悶としていた中、田中さんと直接お話しする機会を頂きました。お話しする中で田中さんの知識量やマインドセットに圧倒されるとともに、「さらに広い視点、新しい知識をたくさん得てヘルスケア業界全体の構造理解を進めたい」「私の考えや知識を多くの人に発信したい」と思いました。

私が考えて書いたヘルスケアの記事が多くの人に読まれること=”成果”のインターンは、私のやりたい環境だ、と思ったことが応募の理由です。

大学時代取り組んできたこと

大学生活では、体育会サッカー部の活動、卒業研究やゼミ活動に力を入れて取り組んでいます。

ゼミ活動では、スポーツ経営学ゼミに所属し、「スポンサーシップとスポーツマーケティング」をテーマに、データ分析の結果からスポーツ組織のマーケティング戦略を立案する研究を行なっています。(効果的な営業で、スポンサー収入を増収させることが目的です)

部活動では、センターバックとしてプレーしています。
最近はコロナの影響で試合の延期、対人練習の禁止が課され、思うようにサッカーができていませんが、引退まで頑張り続けたいと思っています。

最近は、他大学の医療系の友人達と医学の勉強会を開いたり、財務会計・ファイナンスなど(経済学部の授業)の勉強、医療経営士資格取得の勉強に日々取り組んでいます。

ヘルスケア業界に興味を持った理由

ヘルスケア業界に興味を持った理由は、中高時代の手術経験です。

中高のとき、長期入院をしていた私は、病気に苦しむ人たちを近くで見てきました。

当時を思い出しながら色々考えますが、一番感じるのは、人間のコミュニティの大切さと深刻な病気にならないことの重要性だと思います 。これらを解決するためには、ヘルスケア業界で働くしかないと思ったのが、興味を持った理由です。

大学卒業後は、総合商社の双日株式会社に就職します!

この記事を通して少しでも読者の皆さんの役に立てるよう頑張って行きたいと思います!

三島くんは自分に厳しく、ストイックな超努力家

突然Twitterでお会いしたいと連絡をもらい、初めて有楽町スタバで会ったときに、過去のあまりに過酷な原体験から医療・ヘルスケアを志したことを聞きました。

また、ぎっしりと細かい字で書き込まれた「ヘルスケア業界・企業学習ノート」を見せてもらった瞬間に、今まで会った多くの学生でも最も印象的で、当時別に募集してたわけではなかったのですが、すぐに個人インターンとしてやらないか?と誘ったことを覚えています。

自分も結構ストイックな方だと思いますが、三島くんは別格にストイックで成長欲が高く、自分に厳しい人です。
あまりにも厳しすぎて、就活の相談もずっと乗っていたのですが、一度第一志望の企業に落ちてしまったときなどは、あまりにも自分を責めていたため、逆にちょっと心配になったくらいです。笑 

そんな追い込みすぎなくても、君はもう十分異常値くらい凄いから大丈夫だぞ、といつも思ってるし言ってます。笑

就活も、日本でも最も先進的な取り組みをしている病院グループに内定をもらったと聞いたときは本当に自分のことのように嬉しかったです。Slackで報告を見て、すぐ折り返し電話して喜びあいました(笑)

目指せ次世代ヘルスケアリーダー

三島くんは個人インターンの中でも唯一社会人経験がない中で、当然アウトプットのダメ出しを僕に喰らい続けているのですが、それでも必死に喰らい尽きながら、成長していく姿は本当に頼もしいです。
今ではアジヘルブログも彼がいなきゃ回らないようになってきました。

僕は、三島くんが、いまのようなストイックさを忘れずに努力し続けたら、すぐに周囲の信頼を得られて、様々なチャンスが巡ってくると思います。そして、その志の大きさは、きっと彼を次世代のヘルスケアリーダーにすると確信しています。
それまで自分も厳しく鍛えていきたいと思っていますし、一緒に頑張っていきます!



▼いま一番人気の記事
【随時更新】医療ヘルスケア業界でビジネスやる人へのおすすめ本15選

▼個人インターン関連記事まとめ
個人インターンとは、を考える。僕は、誰もが面白い「個人」に師事するという世界を作りたい
「個人インターン」はじめました!アジヘルさんの今後の野望
【アジヘル個人インターン】倉嶋 麻里さんのご紹介

4.5/5 (8)

良いと思ったら★をつけてください!

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です