この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

投資家必見!医療介護ヘルスケアIT上場企業の時価総額推移(2016年2月版)

医療介護ヘルスケアIT上場企業の時価総額を毎月定点観測していきます

ブログ月4本書くぞ、という目標を前回宣言したばかりなのですが、自分の事業が忙しくなってきて平日帰った後の時間がとれなくなってくると意外としんどいぞ、ということに気づきました。

まあ原因は明白で、ひとつひとつの記事に時間かけすぎなんですよね。ふつうに平均で5,000字近く書いてますからね。リサーチ含めるとものによっては半日くらいかけてます。まあ勉強目的だから正しいのだけど・・・。

なので、自分の勉強になる×そこまで時間かからなそうという観点を両方満たすもので、なにか連載的にできる企画がないかなと考え、日本国内の医療・介護・ヘルスケアITセクターの上場企業の時価総額をウォッチするコーナーを始めたいと思います。(徐々に世界に手を広げていきますが、一旦国内のみ)

ええ、もちろんTHE STARTUPの企画をそのまま参考にさせて頂いておりますとも。

こういうのは最初の銘柄選定が一番大変で、あとは継続ウォッチしていくだけなので、そこまで負荷がかからないと思うんですよね。

随時追加していきますが、ここも是非という企業があれば、リクエストお待ちしています!

なお、下記の3タイプの銘柄は医療・介護・ヘルスケアIT領域であっても、リストから意図的に抜いています。

・病院・クリニック向けの電子カルテやレセプトやってる会社。でかい企業が展開しすぎてて、あんまり面白みがないので抜きます。
・ヘルステック。この領域に入ってくると僕自身の知見として正直しんどい+個人的にあんまり興味ないので抜いておきます。
・面倒を避けたいので、自社株についてはリストから外しておきますw

というわけで早速始めたいと思います。 なんでこの企業選定してるの、とかもあると思うので、第一回目だしちょっと丁寧に一言コメントもつけていていきたいと思います。

なお日経平均の推移は、
2016.1.4:19,033円
2016.2.1:17,890円
1月→2月騰落率:94%

です。

医師向けサイト3社:エムスリーが再び時価総額1兆円目前に

銘柄 2015年1月 2016年2月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
エムスリー[2413] 8,126 9,226 81.6 +1,100 114%
ケアネット[2150] 41 38 28.1 -30 93%
メドピア[6095] 46 38 315.4 -80 83%

まずは、医師向けサイトを運営する3社からいってみます。ちなみに収入源はどこも製薬会社から得る収益が主となっており、その他医師の転職などのキャリア事業を行っております。

やはりエムスリーが圧倒的ですね。地合いの悪い中、好決算を発表し、1か月で1,100億円の時価総額の伸び。単月の伸び分だけで、ケアネットとメドピアの時価総額合計超えちゃってます。とんでもない話です。

BtoBサービス6社:エヌ・デーが時価総額45億円の大幅下落

銘柄 2015年1月 2016年2月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
メディカルシステムネットワーク[4350] 189 160 10.1 -29 85%
イーエムシステムズ[4820] 228 222 13.5 -6 97%
エヌ・デーソフトウェア[3794] 227 182 29.5 -45 80%
アトラ[6029] 96 90 36.1 -6 94%
テクマトリックス[3762] 221 184 18.5 -37 83%
インフォコム[4348] 423 479 53.6 +56 113%

主に調剤薬局や、介護施設向けにBtoBサービスを展開している企業群です。

メディカルシステムネットワークは、調剤薬局業界でも6位ですが、なんと利益率50%超という、非常に利益率の高い調剤薬局の医薬品仕入れネットワーク事業を行っています。上方修正の好決算だったものの、株価はいまいち伸びず、相当安い状態にきているのではないかなと個人的に思っています。

調剤薬局の平均PERでも15倍~20倍という所ですし、情報インフラ企業として捉えればPER10倍は破格ですね。来期は調剤薬価改定直撃で、調剤薬局事業の減益が予想されていますが、仮に利益が半分になっても、PER20倍で収まると考えれば、かなり割安な印象を持ちます。

イーエムシステムズも同様に、調剤薬局版の電子カルテを提供しており、業界1位の会社となります。PERは13.5倍と、同業種にしてはかなり低い印象を受けますが、シェアの3割を取りきっているので、成長余地が低いと判断されているのかもしれません。

またイーエムシステムズは、今月、メディカルシステムネットワークとのの合弁会社を、方向性の違いを原因として解消しております。メディシスの株主としては、イーエムシステムズのレセプトに医薬品ネットワークを組み込めることは期待大だったので、ちょっと残念だな、という感じですね。

エヌ・デーソフトウェアは介護施設向けの保険請求ソフトで業界1位のシェアを持っています。今月は、介護施設の報酬改定による施設からの値下げ要求の激化や、競争激化を背景に、主力の介護ソフトの売上・利益が伸びず下方修正を行い、大きく株価・時価総額を下げています。

アトラは接骨院の業務・経営支援ソフト一本で上場まで成し遂げたということで話題になりましたね。事業は順調に成長しているようですが、地合いで少し下げているみたいです。

テクマトリックスとインフォコムは、主要事業の1つとして医療・ヘルスケア向けのBtoBソリューションを提供しています。インフォコムはヘルスケア事業の復調で爆伸びですね。昔テクマトリックス持ってたときは株価500円でうろついており、我慢できず600円くらいで売ってしまったのですが、いまでは1,500円ですか・・・とほほ。

BtoCサービス6社:ネクストがついに反転。

銘柄 2015年1月 2016年2月
時価総額 時価総額 予想PER 時価総額推移 騰落率
ネクスト[2120] 1,651 1,573 54.5 -77 95%
エムティーアイ[9438] 396 432 15.2 +36 109%

 日本メディカルネットコミュニケーションズ[3645]

22 24 187.5 +2 110%
じげん[3679] 347 317 37.5 -30 91%
グリー[3632] 1,371 1,299 20.0 -72 95%
DeNA[2432] 2,815 2,681 22.0 -134 95%

次は医療・介護・ヘルスケアITの領域で、BtoCのサービスを提供している会社を見てみましょう。ご覧の通り、大手ネット各社でヘルスケアに力を入れているところが並びますね。企業の売り上げに対する、ヘルスケア事業の構成する割合も比較的小さくなると思います。

やはり、そこまで業界理解のない大手ネット企業にとっては、比較的わかりやすく参入しやすいBtoCサービスから手をつけることが多そうです。

まずネクストからです。前回も介護の一括管理ソフト提供開始の記事を書きましたが、医療介護ヘルスケアIT領域では、「ホームズ介護」という介護施設の比較検索サイトを運営しています。こちらひそかに絶好調のようで、ここ数年にわたって、毎回決算説明会資料に、ホームズ介護に関して上方修正が出てますね。なおネクスト自体は、伸び続けた時価総額は少し調整時期を迎えたようです。

エム・ティー・アイは、様々なモバイルサービスを運営していますが、「ルナルナ」の会社といえば皆様わかるでしょう。会社の成長のけん引役となったルナルナがヘルスケア領域となりますので、その後も遺伝子検査事業をやったりと、ヘルスケア事業には力を入れ続けています。

日本メディカルネットワークコミュニケーションズは、歯科、美容領域で情報サイトを運営しています。実はエムスリーグループだったりします。PERが高いのは、投資家の期待値が高いわけでなく、利益が出てないだけですね。

じげんは、この領域では看護士求人アグリゲーションサイトを運営しておりますが、ヘルスケアITベンチャー、エストコーポレーションに資本を入れて、攻めていこうという姿勢が見えますので、ウォッチしています。グリーはヨガ、ピラティスなどを月額9,800円で受け放題というLESPASというサービスを運営しています。

DeNAは創業者の南場氏肝いりの事業としてヘルスケア領域に力を入れていますね。遺伝子検査MYCODEや、ヘルスケアメディアを運営していますが、投資の割にはそこまでの成果は出てなそうに見えます・・・。そしてこれまとめてみて驚いたのだけれど、エムスリーの時価総額ってDeNAの3.5倍もあるのですね・・・知名度はDeNAのが圧倒的なのに。あらためてエムスリーのすごさを感じます。

とりあえず、第一回はこんな感じで。いかがでしたでしょうか?これからも毎月ウォッチしていきたいと思います。

最後に、

【アジアで働くヘルスケアITマーケターの今月の買い!銘柄】

どーん!ということで、毎月やってみたいと思います。個人的に買いたい銘柄をリストアップするコーナー。

さて今月はやはり、メディカルシステムネットワーク[4350]ですね。やっぱり考えれば考えるほど安いと思います。いつかガツンと上がれ!ということでコツコツ仕込んでいきたいと思います。500円切ったらだいぶ買い時ではないでしょうか。

ではまた来月!

■こちらもどうぞ
筆者がシンガポールで半年働いて感じたことまとめ
「メドレー オンライン病気事典」がSEOに圧倒的に優れた3つの理由
1日120万人が訪問する最強医薬品サイトDrugs.comを通して考える情報インフラの競争優位とは
そもそも田中大地って誰?筆者の経歴とプロフィールはこちら

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブログの更新情報をフォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です